HOME > 国・目的・留学基本情報 > シンガポール

シンガポール

エリアアジア
国名シンガポール共和国
英語名Republic of Singapore
面積約716 Km²(東京23区と同程度)
人口約540万人(2013年9月)
首都シンガポール
主要言語英語・中国語・マレー語・タミール語
気候熱帯雨林気候。昼の最高気温は35℃、夜の最低気温は23℃くらい。湿度が高く暑いが、日本の真夏の蒸し暑さに比べるとそれほどでもない。
時差マイナス1時間
通貨シンガポール・ドル

シンガポールは、東南アジア、マレー半島の南に位置し、63の島からなる国家です。
主となる島は、最も大きなシンガポール島。日本からは、直行便で約6~7時間です。

公用語は、英語、マレー語、中国語、タミール語で、これらすべてが使用されています。
気候は、赤道に近いため、一年間と通して高温、多湿で、最低気温は23~26度、最高気温は30~35度程度です。中でも11月~3月はモンスーンにより、降水量が増えます。

シンガポールは、何と言っても多民族国家として有名で、さまざまな人種や文化が混在しています。国内にもリトルインディア、チャイナタウンが存在し、シンガポールにいながら、いろいろな食事や、買い物が楽しめます。日本のものも、簡単に手に入ります。
それに伴い、宗教も、仏教、道教、イスラム教、キリスト教、ヒンドゥー教などその信仰は多数存在します。
観光では、有名なマーライオン公園のマーライオン、エスプラネードシアター・オン・ザ・ベイが有名です。

治安も良く、トイレの水流し忘れや、紙屑一片のポイ捨てにも罰金が科せられるように、罰金制度も取り入れています。ポイ捨てを防ぐため、国内でのガムの販売が禁止されている程です。
そのほか、公共交通機関も発達しているため、不便なく主要な観光地を周ることも可能です。それは、シンガポール国内に限らず、近隣国への旅行にも気軽に行くことができます。
時差は日本-1時間で、その過ごしやすさから、日本から、社内研修で渡航をする方も多いです。
日系企業の数は現地に2000~3000社出社しています。

留学に関しては、現地への高校や大学への正規入学、語学学校へ短期~長期留学が可能です。

シンガポールの教育制度は小学校6年・中学校4年・高校2年です。
そのため、日本の高校1年生は、シンガポールの中学4年生、日本の高校2年生は、シンガポールの高校1年生に該当します。
日本の高校1年生が、現地の中学4年生へ編入することは、卒業試験のため、認められておらず、その場合、1学年下の中学3年生への編入になってしまいます。
また、十分な英語力が昼用となりますので、入学以前に語学学校に通学する場合がほとんどです。
高校は英語を学ぶ場所ではなく、英語で、教科を学ぶということをしっかりと理解する必要があります。
次に、現地大学への入学ですが、求められる英語力の目安は、TOEFL(PBT)580点程度・TOEFL(IBT)92点程度・IELTS6.5程度です。

短期留学は、1週間~1か月以内であれば、学生ビザなしでの渡航が可能です。
それ以上(2か月まで)通いたい場合は、2校の学校に1ヶ月ずつ通っていただくことで可能となります。
3か月以上は、長期留学で、学生ビザの取得が必要となり、留学中に、現地で期間を延長することも可能です。

最後に、シンガポールでは、多くの日本企業や世界的企業が進出しているため、日本人向けの求人もあり、就労ビザを取得しやすいこともあります。
シンガポールから、マレーシア・タイ・インドネシア・インドに渡航し、就職する方もいらっしゃいます。
語学学校では、ネイティブの先生を選ぶことも可能なので、需要に合わせてプランを組むことができます。

また、シンガポール留学の場合、寮滞在が最も一般的です。外食が当たり前の国なので、食事は付いておりません。

情報提供:ISS国際交流センター

【この国への留学プログラム取扱機関】

EFエデュケーション・ファースト
JTB地球倶楽部
毎日エデュケーション
ISS国際交流センター
株式会社海外教育研究所 エデュケーションジャパン
IAC留学アカデミー

 

  • 国・目的 基本情報
  • 留学サポート機関について
  • 奨学金やイベント情報
  • 様々な留学体験談を紹介
  • 留学トラブルについて知る
  • 留学カウンセラー資格
  • J-Cross